HOME ご利用にあたって 機械工作部門

機械工作部門

依頼工作について

  • 工作依頼伝票に必要事項を記入の上、使用者本人が持参して使用目的、使用条件等を詳しく説明し、加工精度、材質等について十分な打ち合わせを行ってください。
  • 図面は三角法による図面を用意してください。
  • 製作にかかる技術相談等は随時受け付けています。
  • 材料の持ち込みも可能ですが、事前に材質等の打ち合わせを行ってください。
  • 材料費及び工作費は校費にて振替となります。
  • 完成品は伝票記載の連絡先に連絡しますので、引き取りにきてください。

設備機器の利用について

  • 設備、機器は一部職員専用の旋盤を除いて利用することができます。利用者は「利用届」に必要事項を記入し、使用したい機器を職員に申し出て下さい。「利用届」はセンターにあります。
  • NC機械については所定の講習の受講者、及び受講者立会いの下でのみ利用可能です。
  • 職員の勤務時間外にセンターを利用する場合は「時間外利用願」を提出し、職員の指示に従って下さい。 作業は必ず2人以上で行うようにして下さい。
  • 学生・院生の機械工作に関する指導は原則として担当教員が行うことになっています。 なお個々の装置の使用方法等については、必要に応じて職員が個別に助言を行います。
  • 人身事故防止のため、「安全作業の心得」を厳守し、十分安全に注意して作業して下さい。 事項に従わない利用者は以後の使用をお断りすることがあります。
  • 時間外利用願
  • 安全作業の心得

材料、工具、部品等の供給について

使用頻度の高い金属材料、工具、組み立て用部品等は、常時在庫しております。
利用される方は、「物品請求書」に必要事項を記入の上、センター職員に申し出て下さい。
「物品請求書」はセンターにあります。

  • 「物品請求書(材料)」の書き方
  • 「物品請求書(部品)」の書き方